雑草は何故抜いてもまた生えてくるの?対策はある?

2019年5月14日

雑草はなぜ抜いても生えてくるのか

雑草が抜いても抜いても何度も生えてくる理由には「少しの雑草でも多量の種子を出す」「種子が拡散しやすい」「地下に根や茎が残留することで再生できる」などがあります。

また雑草の対策には、種子の発芽を防ぐ除草剤や防草シートの使用などがあります。

ANSWER
むっちゃん
それでは、雑草が抜いても生えてくる理由や、その対策などについて詳しく調べてみよう。

抜いても抜いても生えてくる雑草

生えてくる雑草の花
むちゃネコ
雑草て何回抜いても生えてくるし、面倒くさいよね?
むっちゃん
確かにそうだね。雑草の生命力はとても強いし、だからこそいたる所で繁殖しているということも出来るね。

雑草って何度抜いても、放って置いたら結局また生えてきて元通りボーボーになっちゃいますよね。

下から土を掘り起こそうが、草を踏み潰そうが生き延びて生えてくるので、「雑草」といえばそういう「打たれ強さ」や「へこたれない事」の代名詞みたいに使われ、歌の歌詞なんかにもよく出来てきます。

その雑草ですが、あの生命力の強さや繁殖力の強さは何故発揮され、何故何度も生えてくるのでしょうか?

そもそも雑草とは

生い茂る雑草
むっちゃん
「雑草という名の草はない」という有名な言葉をしっているかい?
むちゃネコ
えー、聞いたことなかったよ。どういう意味なんだろう?

そもそも「雑草」とはどういった植物の事を指すのでしょうか?

ここで雑草の定義を辞書を使って確認しておきましょう。

1 自然に生えるいろいろな草。また、名も知らない雑多な草。
2 農耕地や庭などで、栽培目的の植物以外の草。
3 生命力・生活力が強いことのたとえ。「雑草のようなしたたかさ」

デジタル大辞泉

これによると「雑草」という固有の植物はなく、人間にとって特に有益ではない、人間の意志とは無関係に生えてくる植物の総称が雑草と言えそうです。

道端に生えているよくわからない草も雑草ですし、たんぽぽのように誰もが知っているけど特に有用でもなく、意図して栽培しているわけでもない草も雑草ですね。

雑草の種類

むっちゃん
雑草は様々な植物の集合体ということが分かったけど、基本的に雑草は被子植物、その中でもイネ科とキク科の植物が大半を占めるんだ。
むちゃネコ
へえーそうなんだ。調べてみたらたんぽぽもキク科なんだね。

植物は大別すると「シダ植物」と「種子植物」の2つに別れます。

さらに種子植物は「裸子植物」と「被子植物」に別れます。

雑草には様々な種類の植物が含まれていますが、雑草と言われる植物の大半は被子植物に分類されます。

さらに被子植物の中でも、雑草の大半を占めるのはイネ科とキク科の植物群です。

雑草がいたるところに生息しているのは、これらの植物が他の被子植物よりも更に進化した種であるからとも言われています。

例えば人間にとって有用な植物は懇切丁寧に世話を焼いて栽培しないと枯れてしまうことが多いですが、雑草は何もしなくても勝手に育って繁殖します。

これはある意味、種としては進化している、生物として優れているという見方も出来るということです。

雑草の増え方

むちゃネコ
雑草が凄いのは分かったけど、雑草ってなんで色んな場所に生えてるの?
むっちゃん
雑草は種子植物だから基本的には種を飛ばして繁殖するんだ。種は軽いし大量に放出されるから、色んな場所にも根を張ることが出来るんだよ。

雑草は主に植物の種子が拡散することによって繁殖します。

種子は風や雨、さらには動物や人間の活動などによって拡散していきます。

雑草は非常に繁殖力が強く、ものによっては一株から何十万という種子が放出されたり、種子が十年以上の寿命をもっているような植物もあり、日光や水、適切な地面さえあれば爆発的に増殖します。

雑草は何故何度も生えてくる?

むちゃネコ
じゃあ抜いても抜いてもおんなじ所に雑草が生えてくるのはなんで?
むっちゃん
雑草は繁殖のためにかなり進化しているんだ。上で説明した種もそうだけど、土の中に茎が残っていれば再生できる植物も多いよ。

雑草が抜いても抜いても生えてくるのを困っている方も多いと思います。

雑草が際限なく何度も生えてくる理由には下記のようなものがあります。

・大量かつ広範囲に拡散
上記で説明したように雑草の種子は非常に多量に放出され、かつ質量が軽いので簡単に風雨や動物の行動で広範囲に拡散しやすいです。

・種子が残留しやすい
雑草を抜いたとしても、種子がその場や地中に少しでも残っていれば爆発的に繁殖できます。

・地下に根っこが残っていればまた生えてこれる
地面をぱっと見れば雑草が殆ど無いように見えても、地中には根や地下茎が残っている場合があります。一部の多年草には冬などに地表の草を枯らしても、地下に残った根や地下茎から再度発芽することで再生できる種があります。

特に3番目の多年草は非常に厄介であり、雑草を刈っても何度も生えてくるのは地下に一部分を残しているからなんですね。

雑草の対策は?

むちゃネコ
じゃあ雑草が生えてこないようにするにはどうしたらいいの?自力で抜いても駄目なんでしょ?
むっちゃん
雑草を抜いても対処療法にしかならないからね。除草剤を使ったり日光を防ぐシートを敷いたりして種子を発芽させないようにするのが一般的かな。

基本的に雑草の種子の拡散を防ぐのは非常に難しいです。

目に見えるわけではないですし、少しの隙間でも種子は入り込むので、量から考えても種子を完全に防ぎ切るのは不可能でしょう。

また人力で雑草をひたすら根っこごと引き抜いていくのも労力からして現実的ではありません。

一番合理的なのは雑草が種子から発芽するのを防ぐことです。

この発芽防止にはいくつか方法がありますが、大まかに分けると「土壌処理型の除草剤」と「防草シート」のどちらかを使うことになります。土壌処理型の除草剤は雑草の種子からの発芽を防ぐことを目的として開発された除草剤です。

一度発芽した雑草には効果が薄いですが、発芽する前の種子の発芽を防ぐことができるので、散布する時期を間違えなければ非常に効果的です。

防草シートは日光を完全に遮断できる黒色のシートであり、これを地面の上に引いてしまえば日光を浴びれず種子は発芽できません。

このようにして種子の発芽を防ぐことが出来ますが、既に雑草が多量に生えている場合はまず茎葉処理型の除草剤を使って雑草を枯らし、その後に土壌処理型の除草剤か防草シートを使います。

それでも雑草が生えてきたり対処するのが面倒なら、土の上にコンクリートを敷き詰めてしまうのがコストはかかりますが一番楽かもしれません。

まとめ

むっちゃん
以上、雑草の特性や繁殖力の強さの理由、雑草の対策法などについてまとめてみたよ。
むちゃネコ
マンションやアパートならいいけど、一軒家に住んでる人は雑草の対策も大変なんだろうね。
むっちゃん
そうだね。正直雑草を生やしていても特にメリットはないけど、対策をするにも時間とお金がかかる。そのまま放置している人も多いかもしれないね。
むちゃネコ
頑張って草むしりしてもすぐに生えてくるんじゃ、対策法を知らないとどうしようもないもんね。虫とかも増えちゃうしボクも家を持つときのためにちゃんと勉強しないと・・・